スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヒテンシュタイン展(国立新美術館)

2012年10月8日(月)

リヒテンシュタイン家はハプスブルク家の重臣として侯爵位を
与えられており、美術品の収集に関しては
ハプスブルク家も賞賛するほどでした。

今回、その美術品が日本で単に展示されるだけでなく、
その展示方式の一部がまさに本場と同様に、
絵画と装飾品などを一緒にしたり(バロックサロンの再現)、
天井画は本当に天井に飾ったり、とても気合が入っていると思います。

高名な画家として、ルーベンスやレンブラントのこれまで見ることが
できなかった作品もあり、特にヴィジェ・ルブランの作品が拝見できると
思っていなかったので、とても嬉しいです。

経験上、ハプスブルク展がいちばん良かった美術展ですが、
それに次ぐくらいの充実感があります。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。