スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セガンティーニ (損保ジャパン東郷青児美術館)

2011年12月10日(土)

展覧会の期間が2011年11月23日~2011年12月27日までと、
海外の有名画家の展覧会としては比較的短かいです。

「アルプスの画家」と銘打たれるように、アルプスに身を置き、
アルプスの自然と動物と人々を多く描いています。

展覧会ポスターにもなっている「アルプスの昼間」は、
空の青色がとても鮮やかで、点描に近い複数の色を配置する技法により
とても光を感じることができます。

上野の国立西洋美術館が所蔵している「羊の剪毛」も
セガンティーニの作品ですが、今回はこちらには来ていませんでした。
常設展として見ることができるので、また今度見に行きます。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。