スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンブラント 光の探求 闇の誘惑(国立西洋美術館)

2011年5月14日(土)

広告のタイトルが「光と、闇と、レンブラント」。
韻を踏んでいるというよりダジャレのレベルでしたね。

やはり光と闇を抜きにレンブラントの絵画を語ることはできないです。
しかしどちらかというと「闇」にこそ、その素晴らしさを
際立たせいる要素が詰まっていると感じます。

油絵では光をどのように見せるか、美しく輝かせるかは
その絵を豪華に、写実的に見せる効果的な手段です。
しかし版画ではどうでしょうか?

今回、レンブラントの絵画展では、あまり版画に対しては
観たいという欲求はありませんでした。
やはり、色鮮やかで大きな絵画を見るほうが、
気持ちが満たされると思うからです。

これまでも素晴らしい版画を残してきた画家はたくさん居ました。
とても細かい描写を見事に彫り上げたそれらの作品は、
観ていると感嘆のため息が出そうになります。

レンブラントの版画も同じく細かい描写が素晴らしいのですが、
何より、光と闇を見事に彫りきっているのです。
版画において、光とはもちろん空白のこと。
そして闇とは、黒。
もちろんただの黒ではなく、空白からのグレデーション、
細かい掘り込みなど見ごたえがあります。

版画には日本から輸入した和紙を使用したものもあり、
レンブラントがとても気に入っていたことは日本人にとって嬉しい限りです。

開催は6月12日までですが、とても人気のある展覧会なので
余裕を持って行きたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。