スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホキ美術館

2011年1月10日(月)

2010年11月3日、千葉県に開館したホキ美術館は
日本初の写実絵画専門の美術館です。

私は写実絵画が好きなのですが、現代日本の写実絵画というものは
ほとんど見たことがありません。
観るのは中世ヨーロッパの宗教画や神話画が中心です。

これまで行ったことのある美術館の中で一番遠い場所でしたが、
奇抜である建物も見てみたかったので、片道2時間かけて行きました。
そこは昭和の森と新興住宅地に挟まれた場所で、
祝日の好天だったこともあり、駐車場は待ち行列が出来るほどでした。

美術館内は基本的に細長く、緩く曲がった通路と階段で構成されていました。
光の取り入れ方なのか天井が高いからなのか、あまり狭い感じはありません。
ただ、通路の両側に絵画があるとジグザグに移動することになるので、
なんだか忙しい気持ちにはなりましたが。

それにしても現代美術というものはすごいです。
絵画全体を見渡せる距離にいると、写実を通り越して写真と見間違えます。
「じゃあ、写真でいいじゃん」とは言わないように。

私が写実絵画を好きな理由は、写真のなかった時代において
もっともリアルさを感じられることと。
なによりその技術の高さに感心するからです。
写真技術や絵画技術が高くなった現在においても、
その絵画を描くのは昔と変わらず人間の腕なのです。

唯一つ、リアルすぎる裸婦絵画はちょっと気恥ずかしい・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。