スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドリュー・ワイエス展

2010年12月5日(日)

ちょっと遠出して(とは言っても八王子の方が遠かったですが)
埼玉県立近代美術館へ行ってきました。
開催されていたのは
「アンドリュー・ワイエス展 - オルソン・ハウスの物語」でした。

まったく存じ上げない画家でしたが、
アメリカ美術を代表するということで興味がありました。
この展覧会では美術館が所蔵している素描や水彩画が
200点以上公開されていました。

ただまぁ、感想はというと、ちょっと退屈してしまいましたね。
展示数はとても多いのですが、半分以上が習作(練習、デッサン?)であり、
同じテーマを幾度も描いているため、
同じのがたくさん・・・という印象でした。

この画家を有名にした「クリスティーナの世界」についても
習作が展示されていました。
完成品は展示室を出たところにある壁にポスターとして
飾られていたのみでしたので、
いつかは本物を見てみたいなぁと思ったものです。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。