スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 第8話

決勝へコマを進めた各チームの想いを中心に、
全国大会出場への意気込みが見られます。

和(のどか)は中学のとき個人戦で全国優勝していますが
本当は団体戦のみんなで全国へ行きたかったのです。
竹井部長も個人的技量であれば全国へ行くことも
難しくない(まこ談)のに、みんなで麻雀をしたいという想いから
3年生になる今まで公式戦では打ってこなかったのです。
いまや清澄高校は実力十分なメンバーがそろい、
団体戦で全国へ駆け上がる準備が整ったのです!

今年にかける意気込みは風越女子も負けていません。
福路美穂子
部長である福路は3年生でこの大会が最後になるかもしれません。
去年龍門渕に県大会王座を奪われた雪辱を果たす最後のチャンスです。
彼女のひたむきな性格と周囲(特に後輩)へのあふれんばかりの
優しさから、メンバーのだれもが彼女のために
何が何でも龍門渕に勝利する!
と熱い闘志を燃やしています。

[2009年05月24日-テレビ東京]

■ED戻ってました!東南西北ワーイワーイ!「咲-Saki-」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。