スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりのネネコさん 第3巻

僕は4コママンガが大好きです。
新聞に必ず載っている時事ネタ4コマ、
ドラクエに始まったゲーム4コマ、
「萌え」により台頭してきた美少女4コマなど、
まさに起承転結を地でいく素晴らしいマンガの形だと思っています。

面白いネタを連発してくれる作者や、
小さなコマの中に色々書き込んでいる作者など様々な表現があります。
そしてこの「となりのネネコさん」、どういう4コママンガかというと・・・
はっきり言って4コママンガじゃないかもしれません。
構成そのものが「4コマではない部分がある」というのも事実ですが、
その枠に収まりきらない壮大さを感じるのです。
ネネコさんの神秘?かも知れませんが、
ネネコさんを通して"本当の"友達、友情、信頼関係を
追及しているような気がします。

初めてネネコさんと関わる人はすべからく困惑し、
迷惑に思います。
しかし、嘘偽りなく自分自身を見つめなおすとき、
必ずネネコさんの言葉が胸に刺さります。
本当にこれでよかったの?

学生生活、ましてや人生において"正解"などと言うものは
無いに均しいものです。
しかし自分が「選んでよかった」「納得している」と思える判断が
できるかどうか、登場人物たちはネネコさんと関わることで
そういった判断ができるようになります。
そしてネネコさん自身も彼らに"影響し返される"ことで、
一歩ずつ成長しているのだと思います。

たまにはこういうガツンと言ってくれる人が必要ですからね。
・・・たまにだけ、ね。


スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。