スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙のまにまに 第6巻

青春が青すぎて悶絶してしまいます!
姫ちゃんは相変わらず報われない星のもとに居るようで、
それでもめげない強い心がとても大好きです。

この第6巻では高天ネット主催の"研磨会"が
大きなイベントになっています。
何をやるイベントかというと、ただひたすら鏡材(ガラスの円盤)を磨く!
それだけです。
それが反射望遠鏡のレンズになるのです。

実はこのイベントでのヒロインは美星ではなく姫ちゃんでもなく、
高見女子の杏(あん)さんです。
高見女子天文部の部長ですが見た目はおとなしそうで
とても前に出るようなキャラには見えないんです。
以前にやった冬のイベントで話をしたことがきっかけとなり、
朔(さく)に好意を抱いているようです。
とってもとってもかわいらしい部長さんです。

いろんなイベントがあり、天文部としても、高校生としても
着実に成長している様子は親心にも似た心境で
拝見させていただいています。

2009年夏にはTVアニメもスタートする「宙のまにまに」は、
年齢性別関係なくすべての人に見てもらいたい作品です。
そして自然と、夜空を見上げている人が増えるかもしれません。
※上ばかり見すぎて事故にならないように・・・


スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。