スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のヴァルキュリア 第7話

奢る正規軍のメタボ将軍(と呼びたい)の嫌がらせで戦略的に
何の価値もない砂漠を調査することになった第1小隊と第7小隊。
しかしその砂漠には歴史的に貴重なヴァルキュリア人が作った遺跡が
存在していたため、ウェルキンファルディオインテリ隊長ズ
かえって喜んでいます。

遺跡に向かう途中で車が故障してしまい、
「車を修理する」と言うイサラを残して徒歩で向かうことになりました。

ところが、第1小隊のラマールはダルクス人であるイサラ
あまりよく思っていないはずですが、一人残すことに
後ろめたさがあったのか一緒に残るために戻ってきました。

ツンデレ・ラマール
「別にお前のために来たんじゃないからな・・・」
出ました、伝家の宝刀男ツンデレ

天然イサラ
「へっ?」(聞いてない)
もう台無し・・・。

[2009年05月16日-千葉テレビ]

■2千年前の遺跡に存在した古代ヴァルキュリア人の超科学!
 「戦場のヴァルキュリア」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 戦場のヴァルキュリア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。