スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵の掟 第5話

これまた定番のアリバイトリックが今回のテーマです。

確かに、アリバイトリックは犯人がある程度特定できていて
実現方法を確定する過程を描くものが多いですね。
この「名探偵の掟」では"ある程度"どころかほぼ自白状態の犯人自身が、
なんとか名探偵にトリックを解いてもらおうと右往左往してしまいます。
それが犯人の掟なのでしょうか。

ところがこの名探偵ときたら、「完璧なアリバイは面白くない」とか言って
まともに解こうともしない。
なんか変な鉄道出てきちゃうし。
っていうか、トリックわからないままなんですけど!

[2009年05月15日-フジテレビ]

■サドルを盗んだのはきっと東野・・・。「名探偵の掟」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ 2009年春
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。