スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・夏目友人帳 第12話

恋愛には意外と積極的かもしれない委員長(笹田さん)は、
夏目を古屋敷に呼んで「幽霊・妖怪探し」を始めようとします。
もちろん夏目と二人きりになってもっと近づきたいから。
するとそこへ登場したのは多軌透(たきとおる)
夏目が困っているのでは?と助け舟を出しに来たようです。
・・・しゅ、しゅ、修羅場到来か~!?
多軌&笹田

まぁ多軌にとって夏目は数少ない理解者であり恩人であるわけで、
恋愛感情はまだないかも知れませんね。
今更ですが、最初は多軌ってスケバンとして登場するのかと
おもってましたよ。
OPに棒切れ持っている絵があったので。
ゴメンナサイ。

夏目が古屋敷で出会った少年カイにはなにやら秘密があるようです。
ニャンコ先生は「人間の匂い」と言っていたのに、
名取は「妖怪だ」と言っています。
どういうことなんでしょう?
髪型からすると・・・アレか?アレなのか??

[2009年03月23日-テレビ東京]

■おい、○太郎!「続・夏目友人帳」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 続夏目友人帳
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 続 夏目友人帳 第12話 「廃屋の少年」

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 夜ごと謎の物音や妙な声が聞こえると言われる洋館にやってきた夏目。子供のもがく声のする方に行ってみると、棺のような箱にランドセルを背負った少年が閉じ込められていた。箱を開けるなり泣きながら走り去

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。