スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンオタの女 全3巻

バリバリのキャリアウーマンである主人公賀ノ多(がのた)うつき
ガンダムオタク(略してガンオタ)であることを周囲に隠し、
周囲から白い目で見られないようにビクビクしながら生活しています。
・・・本当に隠す気あるのか?っていうくらい露出してますけどね。

これはビジネスギャグマンガとでも表現すればよいのでしょうか、
会社が舞台なので必然的に取引とか商戦が多く見られます。
裏取引や賄賂などダークサイドも同様に多いのはご愛嬌・・・。

登場人物の名前はガンダムのキャラクター
(ほぼファーストのみ)をもじっています。
でも主人公賀ノ多さんは苗字が
「ガンダムオタク」→「ガンオタ」→「ガノタ」、
ガンダムキャラクターとは関係ないでしょう。
キャラクター性はシャアなんですけどね。

賀ノ多さんに恋するエリート社員岸利くんキシリアから。
賀ノ多さんのライバル(一応後輩)で
「社内で唯一の友達」賀ノ多さん一方的に
思い込んでいる真壁さんマ・クベから。
真壁さんの後輩で酒を飲んだりマスクをかぶったりすると
性格が変わる浦賀さんウラガンから。
賀ノ多さんが勤める会社の会長の娘で
かなり頭が弱いかるらガルマから。
賀ノ多さんと同居する凶暴幼女ララは・・・ララァから(まんまやん!)。
などなど。
性別が反転しているケースが多いようです。

読んでもらえれば分かると思いますが、
真壁さんがイイんですよね~。
浦賀さん「道化臭がするんですよね・・・」と評されるほどの道化です。
愛すべき道化です!
営業成績で賀ノ多さんに張り合おうと大見得切る割には
たいしたことなかったり(賀ノ多さんがすごすぎるだけ)、
好きな岸利くんに誤解を受けた傷心で
中国の景徳鎮に旅立ったり(理由:壷が好きだから)、
『踏み絵』作戦で岸利くんから賀ノ多さんを引き離そうとして
自分も傷ついたり。

ガンダム×OL×ギャグが絶妙な『ガンオタの女』は
全3巻で一気に読めてしまいます。
いや、一気に読んでください。




ガンオタの女 (2) (角川コミックス・エース 194-2)
左菱 虚秋 富野 由悠季 矢立 肇
角川グループパブリッシング


ガンオタの女 (3) (角川コミックス・エース 194-3)
左菱 虚秋
角川グループパブリッシング
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。