スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てるてる天神通り 第3巻

八百万(やおよろず)の神々が積極的に関わってくる
不思議が当たり前の天神通り商店街ハートフルストーリー
第3巻の登場です。

これまで頼まれると断れない部分はあったものの、
町内会長としての証である「神と対話できるバッジ」は
断固としてつけなかった主人公天志(たかし)が、
自分の役目を自覚してバッジを常につけるようになったことが
大きな進展でした。

もう、そこらじゅう神だらけです。

この巻の見所はストーリーにはまったく関係ないですが、
ぼんきゅっぼん頼子姉がぺったんこの5歳児になったり、
幼女志乃が一気に成長したり、ギャップが楽しめるようになっています。
5歳児頼子姉はとにかくかわいい!だけど邪悪!
明るいストーリーの中に「みんなのお姉さん」としてがんばってきた
頼子姉の苦労が見えます。
頼れる男になりつつある天志への頼子姉の想いは・・・。
志乃は一気に成長したために、
お約束ですが服がピッチピチになります。
む、む、胸がはちきれんばかりです
将来美人になることは確定しましたね。

ちょっとですけど、前巻で大活躍だったメイドの八雲
五十鈴お嬢様が登場します。
相変わらずいじわるが裏目に出るというか、天然のツンデレというか。
大好きです。


てるてる天神通り (3) (角川コミックス・エース 135-10)
児玉 樹
角川グループパブリッシング
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。