スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第13話(最終回)

初登場時とは打って変わってアグレッシブ京極堂
違和感を感じていますが、それよりも事件の時間軸が
良く分からなくなっています。
柚木加菜子
特に久保が匣に入った加菜子を見てから事件を起こし始めるまで。
加菜子誘拐事件』の後なんでしたっけ。

それにしてもなんというめぐり合わせ。
同じ列車に乗らなければ、合い席にならなければ、
頼子をはじめとする数々の惨殺事件はおきなかったのに・・・!

非人道的な科学や医学の使われ方はありましたが、
妖怪や幽霊といったものは出てきませんでしたね。
まぁ、人間の狂気ほど恐ろしいものはありませんがね。

とにかく終始、美しい作品だったと思います。

[2008年12月30日-日本テレビ]

■榎木津、最後まで良く分からない人でした。「魍魎の匣」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 魍魎の匣
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。