スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第11話

榎木津礼二郎
榎木津京極堂の会話が良く分からないので、
またしても置いてきぼり状態です。

木場は戦時中に不死の研究をしていたという美馬坂が黒幕とにらんで、
銃を手に踏み込んでいきました。
最初は偶然出くわした事件に過ぎなかったのが、
あこがれの女優も関係すると次第にのめりこんでいき、
「これは俺のヤマだ」と言い切るまでになっていました。

この行動は行方不明の加菜子のため?
殺された頼子のため?
悲しみに暮れる陽子のため?

ここで引き金を引いてしまうと、木場も魍魎に取り憑かれかねません・・・。

[2008年12月16日-日本テレビ]

■戦争も冷めやらぬ時代のお話。「魍魎の匣」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 魍魎の匣
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。