スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ~巴里編 第7話

千秋が常任指揮者になるオケはやはりダメダメでした。
奏者は集まらないし練習場所は子供バレエに取られるし、
ベテランの人はそれなりのレベルですがそうでない人は
練習ができないのでまともな演奏になりません。

千秋指揮の下での練習がほとんどできないまま本番になり、
不協和音ともいえる演奏と失敗の結果、
まばらな拍手と嘲笑で幕を閉じました。

しかし千秋はかつて日本で初めて指揮したオケを思い出していました。
「またここから始めるのか」
千秋真一
失敗に終ったオケに落胆することもなく、
這い上がることに情熱と喜びを感じる男の横顔は
照明に照らされずとも輝いて見えるようです。

[2008年11月20日-フジテレビ]

■そのうち”オケ立て直し屋”の異名が付きそう。
 「のだめカンタービレ~巴里編」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。