スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録 第6話

インデックスの中にいるもう一人のインデックスなのか、
おそらく魔術結社がインデックスの持つ10万3千冊を保護するために
仕組んだ機能が当麻たちを襲います。
インデックス

膨大な魔術所を駆使できるのか、当麻たちの状況を把握しつつ
効果的な攻撃を選択しています。
それよりもインデックスが魔術を使えないという情報すら嘘だったことに、
ステイル火織は驚愕します。
そして本来インデックスを保護する役目の二人は結社への不信もあり、
とりあえずインデックス当麻に預けることにしました。

なんとかインデックスを鎮めた当麻たちですが、
当麻脳細胞を破壊されて記憶を失ってしまいました。
いわゆる記憶喪失なのですが、
脳細胞が破壊されて記憶喪失程度で済むのか?ですよ。
カエル医者(!)話の流れからすると電気的なショックにより
脳の一部が焼けていたり、異常なパルスを示したということでしょう。

これは何かの伏線ですか?

[2008年11月08日-千葉テレビ]

■ところで歩く教会はずっとこのまま?「とある魔術の禁書目録」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。