スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しおんの王 8巻(最終巻)

しおんの王、ついに完結です。

「本格将棋サスペンス」ってどういうことやねん?って思ってました。
しかし最終巻を読み終えて、このマンガは「本格将棋」マンガであり、
本格サスペンス」マンガである、と考えています。

まあ、途中「本格サスペンス」の色が薄くなっていたような気はしますが、
最後まで楽しませてもらったのは「本格将棋」が続けられていたからでしょう。

とはいえ、将棋について詳しくない私が楽しんだのは勝負の緊張感
感じられたからだと思います。

また、キャラクターの表情も豊かで、言葉を発しない紫音
静かな棋戦においても飽きさせることなく、
その世界にのめりこむことになりました。

キャラクターといえば斉藤歩の女装がお気に入りで、
最後に再び見ることができて幸せです。

最近になって、携帯電話に将棋アプリを入れて練習しています。
すばらしいマンガをありがとうございました。


しおんの王 8 (8) (アフタヌーンKC)
安藤 慈朗 かとり まさる
講談社
スポンサーサイト

テーマ : しおんの王
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。