スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光 第3話

なんだろう、見始める前と思っていたイメージがずいぶんと違います。
見始める前は『白い巨塔』のような重々しいドラマが展開するのだろう
と思っていました。
いざ見始めると、田口白鳥の演者に対する私のイメージが
そうさせているのかもしれませんが、ややコメディチック
『踊る大捜査線』(あまり比較に相応しくないですが他に
思いつきませんでした)のようにコメディというかアットホームというか、
やわらかい空気の部分とサスペンス的なピリピリした空気の部分が
程よくあるように感じます。

田口フェーズはいつもやわらかい空気の部分が多いですが、
この3話でリスクマネジメント委員会とやりあうシーンは
ちょっとピリピリしてましたね。
本当に”犯人”が存在するのか?
盗まれたビデオや差出人不明の投書は誰が?
だんだんピリピリ度合いが増えていきそうです。

[2008年10月28日-フジテレビ]

■白鳥が走ると『あぶない刑事』を思い出します。
 「チーム・バチスタの栄光」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : チーム・バチスタの栄光
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。