スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱家族日記 13話

『傾国のテロリスト』平塚雷蝶の登場です。
そういえば以前(8話の遊園地)にもちょろっと出てましたね。

まぁそれは次回に置いといて。

千花が通う学校(行ってたんだ)で理由不明の欠席者が続出し、
その原因を追究していくと超常現象対策局の
なごやか家族作戦反対派の影が見えてきて・・・。

千花は女子高(五重必殺学園ってすごい名前)に通っているらしく、
転入当初に番長のモモさん(桃草)に勝ったことで
モモさん・シズちゃん(罪木)・ヒーちゃん(山口)の3女子から
番長とかお姉さまとか呼ばれてます。

登場してないですがヒーちゃんの親友マリっち
「もしも地面がおいしかったら食べちゃうだろうってことで大地喰らい
と呼ばれているそうです。どんな娘なんだ!気になる!

今回の話の中で、千花が自分だけ他の家族と違い、
閻禍のDNAを持っていないことで何か遠慮をしている心情が見られます。
凶華はそれを見抜いた上で、「狂乱家族の一員だ。凶華さまの娘だ」と
母親として立派に千花を抱きしめます。

作戦として家族になった乱崎家ですが、本当の家族はDNAでなく、
心でつながるものだと伝えてくれていると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 狂乱家族日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。