スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORLD DESTRUCTION 13話

世界創造と同時に世界を破壊するために作られたデストラクトコード
神は希望と同時に絶望を与え、獣人と人間という相反する存在を作り、
何を試そうというのでしょうか。

本当にその存在を信じ、世界の破壊を望むものが現れたときに
デストラクトコードは発動します。モルテはまさにそのものであり、
望んだとおりに世界の破壊が始まりました。

しかし、そのデストラクトコードとはキリエのことだったのです。
モルテは爆弾か何かのモノとして破壊を行うデストラクトコード
考えていましたが、キリエという仲間がその破壊を
行おうとしているのです。
本当にそれはモルテが『望んだ』ことだったのか?

・・・いや、キリエトッピーと旅をする中で『望まなくなった』のです。

自分の身を省みずキリエを止めに入るモルテ
いけ!そこだ!ぶちゅっとやっちゃえ!!
っていうか、気持ちが突然すぎるんですけど。
どっかにそんなフリありましたっけ?

それにしてもキリエデストラクトコードとしてよくこれまで
やってこれましたね。どうやら本人は年をとらないだけでなく
不死身でもあるようですが、実はキリエ自信の記憶媒体である黒い玉を
『爆発に巻き込まれて無くしちゃった。てへっ。』が
今回の事件の発端となっているようです。
ドラゴンボールみたいにレーダーで探せるものでもなさそうだから、
本当に無くしちゃったらそれまでじゃないですか?
ちなみに最後、黒い玉割れてましたけど

世界撲滅委員会はまだ旅を続けるようです。
今度は何を撲滅するのでしょうか。

[2008年09月30日-テレビ東京]

■発動したキリエは絵的に怖い。「WORLD DESTRUCTION」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : WORLD DESTRUCTION~世界撲滅の六人~
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。