スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人 24話

卵に操られ尋常じゃない運動能力を見せるチャグム
どうやら卵は”ラルンガ”をおびき寄せながら
本当の宴の地へ向かっているようです。

ちなみに卵に操られているチャグムですが、
意識までのっとられているわけではなく卵と会話することも
できるようです。
そう、会話ができるということは人間の思考とそれほど
かけ離れたものではない
ということ。
それが卵である自分を孵すために人の命を犠牲にすることに対して、
どのように感じているのでしょうか。
これが自然の摂理であると割り切っているのでしょうか。
元々住む世界が違いますしね。

チャグムラルンガをおびき寄せるのに使用した花。
これは二つの世界を結びつける媒介になるようで、
これを食べればラルンガに対して攻撃をすることも、
されることも可能
になります。
この事実を証明するためにタンダは自ら特攻します。
ひょっとしたらという可能性だけでかばんいっぱいに花を
持ってきたタンダですが、事実を自らの体で証明して確実性を得るまで
他の人に一切明かさない、とても学者っぽい面が出ました。

これでバルサたち腕自慢の面々も思う存分戦うことができます。
人間離れした人たちvs人間じゃない者たち。
どちらに軍配が上がるのか?

[2008年09月13日-NHK教育]

■タンダはめしべ付近を食べてましたが、むせそう。
 「精霊の守り人」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 精霊の守り人
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。