スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人 23話

春が来ました。少し男らしくなったチャグムは、バルサから聞いた
ジグロの話を胸に刻み、内面的にも成長しました。
自分が死んでも残せるものがある。
12歳とは思えないほどの達観ぶりですが、決して嫌味はありません。

肝心の”卵喰い”との戦いは『宴の地』についてすぐに始まりました。
カニの足っぽいのがたくさん池から出てきてチャグムを狙います。
碑文をほとんど読み解いてきたシュガ”卵喰い”の弱点が
であることを突き止めていたので、火炎放射器のような武器で
追い払おうとします。

すると突然チャグムダッシュでその場から逃げ出しました。
何事?
実はまだ読み解いていない碑文に、その場が本当の『宴の地』では
ないことが書かれていました。宮に残って解読を続けていたガカイ
その情報を伝えるべく早馬出しますが、間に合うのか?

[2008年09月06日-NHK教育]

■トロガイの土産は服と短剣だけ?「精霊の守り人」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 精霊の守り人
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。