スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどものじかん 5巻

私屋カヲル問題作(?)最新刊です。

学年があがったことで子供達の反応や身体にも少しずつ
変化が現れてきて、先生の対応も複雑になってきます。
正直、学校教育や子供育成は難しすぎて
コメントするのも嫌になります。

世の中のどんな課題にも”これが正解”ってのは存在しないか
なかなか見つからないものです。
もし大人に問題が発生すれば責任は大人が自分で
取ればよい(取らなければいけない)と思いますが、
子供に問題が発生したときは責任などもちろん問えないし、
その後の成長に影響するかと思うと下手な解決案は出せません。

青木先生はこの巻で『父性愛』にたどり着きます。
りんに対する愛情はすべて『父性愛』であり、
恋愛感情などではないと。

教師と生徒の関係ではこの擬似父親が限界なのではないかと思います。
それ以上は・・・!

ところで、りんのお母さんの髪型はすごいですね。
肩から何が生えてるのかと思いましたよ。


スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。