スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORLD DESTRUCTION 6話

この世界では大陸によって気候が決まっているようです。
今居るのは『』の大陸。

立ち寄った(というか運び込まれた)村は獣人と人間が平等に
暮らしています。
そこにある病院の院長はかつて『砂漠の殺戮王』と呼ばれ
恐れられていましたが、何かをきっかけにそれまでの行いを
償うため病院を設立し、命を救うことを使命とするようになりました。

しかし、かつての罪はなお残り、スタッフとして働いていた
砂漠の殺戮王』に村と家族を奪われていて、
その復讐のため院長を殺そうとします。

現場に居合わせたモルテは止めようとはしません。
争い続けることしかできない獣人も人間も消滅すればいい!

モルテの心の闇を見たキリエが代わりにを止めに入ります。

駆けつけた子供達が院長をかばう姿を、亡くなった自分の子供と
重ねたはついに復讐を断念します。

騒動が終わったあと、モルテは一人で再び旅に出ようとします。
キリエトッピーはこの村に残れば平穏な暮らしを取り戻せるから。

けれど、もう3人は仲間です。院長に言われるまでもなく、
キリエトッピーモルテの後を追って行ったでしょう。
モルテも口では強がっていますが、仲間が離れてしまうのは
寂しいはず。
それに、デストラクトコードがキリエに反応することも気になります・・・。

[2008年08月12日-テレビ東京]

■リ・アの引き金は羽より軽い。「WORLD DESTRUCTION」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : WORLD DESTRUCTION~世界撲滅の六人~
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。