スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十面相の娘 16話

探偵団発足後も取り立てて事件があるわけでなし、
学校で友人と色恋沙汰について話をするのが関の山。

こんなのんびりした生活もいいかな、と思った矢先に
二十面相の先生という人物を出会います。
話を聞くと、二十面相は何か良からぬことを考えていて、
チコ雲隠れするためのおとりとして利用されていると言われます。

にわかに信じられない話ですが、「(チコは)用済みだと言っていた」と
チコに対して攻撃してくる少年が現れます。
二十面相が差し向けたのでしょうか?

自分で見て聞いて考える。
そのためには情報が必要。

自分から動かなければと、二十面相の先生の話を更に聞くため、
トメさんに黙って家を出て行くのでした。

でもね、よく知らない人について行っちゃいけません

[2008年08月10日-フジテレビ]

■タヌキ、居座っちゃった。「二十面相の娘」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 二十面相の娘
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。