スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルメタル・パニックTSR 7話

かなめの護衛について”レイス”と話し合いをするも、
やはりどうにもならず、命令に従い帰投するしかなくなった宗介
まるでそれを待っていたかのように、
あの殺戮姉妹がかなめに接触します。

ここから!ここからが今回いいんです!!

 恐怖を感じたかなめはあきらかに動揺します。
 恭子が「今のかなちゃん、ほっとけないよ!」と言うほどに。

 かなめは急ぎ足で自宅へ駆け込み、テレビをつけ、
 ソファーにうつぶせになり「大丈夫」と繰り返し声に出します。
 ちょっとの物音でも体がこわばり、挙句に無言電話・・・。

 「どうしよう」何かしなければと思い歩き出しますが、
 考えがまとまらずすぐに立ち止まり、それを繰り返し・・・。

 宗介とは連絡がつきませんが、部屋の無線機でミスリルと
 連絡できるかもしれないと思い至り、急ぎ足で宗介の部屋へ
 向かいます。
 しかし、そこにはガランとした何もない空間があるだけ。

 かなめは呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

・・・本当にすごいです。かなめの動揺、あわてぶりが
すべての行動に現れていて細かい!
恭子は今日もかわいいなぁ
とか思ってる場合じゃないですよ!

アニメーションとして見ることができて幸せです。

[2008年08月09日-TVK]

■これが京アニのチカラ!「フルメタル・パニック!TSR」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : フルメタル・パニック!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。