スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミヨミ 8巻

柴田亜美のマンガの中では女性登場率が極めて高いです。

「南国少年パプワくん」や「PAPUWA」なんかは、
著者紹介欄にしか女性がいないこともありましたし、
柴田亜美のマンガ=元気少年+イケメン+マッチョ+ナマモノ
という式が私の頭に出来上がっています。

8巻には「零武隊」毒丸の過去にまつわる事件の結末と、
死人がよみがえる事件の幕開けがあります。
巻の真ん中くらいで結末と幕開けがある構成は意図的なんですかね?

今回、毒丸のストーリーがありましたが、他の「零武隊」メンバーも
いろいろありそうな感じなので、そのうち独立したストーリーが
出てくるといいですね。

驚いたのは、あの柴田亜美が、ツンデレど真ん中
女性キャラクターを出してきたことです。
どっからどう見ても見事なツンデレです。
ギャグでもなんでもなく。

これが一番の事件ではないでしょうか。


カミヨミ 8 (Gファンタジーコミックススーパー)
柴田 亜美
スクウェア・エニックス

スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。