スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展

2011年5月1日(日)

世界に30数点しか作品が残っていないにもかかわらず、
その評価がとても高いフェルメール。
その作品の中でも、時代考証の観点で非常に興味深い《地理学者》が
展示されることになりました。

その魅力はテレビでも取り上げられ、
自分の中の期待がとても高まる中、観にいってきました。

ゴールデンウィーク中ということもあり、
天候が微妙な割には来客数がそこそこ居ました。
目玉展示となる《地理学者》の前には長蛇の列。
まだ遠い。まだ遠い・・・。ん?
意外と小さかったのですね、絵のサイズ。

超VIPの絵画のため、他の展示品より近づけないようになっていて、
本当に真正面に立たないと細部まで観れないのでした。

うん。個人的にはどれほど素晴らしい絵なのかはよく分からないのですが、
せっかくなので、VIPなので、がんばって観ておきました。

そのほか、フランドル地方の画家やその作品が展示されていて、
肖像画、風景画、静物画が多かったように思います。

5月22日までの開催だそうです。(Bunkamuraザ・ミュージアム)
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。