スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ! 第22話

能登麻耶のケンカから始まり、
みのりん亜美一触即発ネタばらし→殴り合いの大喧嘩、
そして大河遭難と本音暴露
修学旅行先が沖縄でもスキーでも内容に変わりなかったと思いますが、
とても濃い思い出となったことでしょう。

まぁやっぱり旅行から帰ってもギクシャクはひきずりますよね。
能登麻耶にガン無視されてるようですし、
みのりん亜美はほぼ冷戦状態。
みのりん&亜美

亜美は前回でイラついている理由を言っていました。
要約すると、「ウソとバカと自分がキライ」です。

大河と仲が良いのは本音で付き合えるから、
そこにウソや体裁がないからでしょう。
亜美からするとみのりんは、本当のことを隠して自分を偽り
真正面から向き合おうとしないと感じられるようです。
そして鈍感な竜児と、
彼らのことが気になりながらも素直に入っていけない自分

みのりん亜美を見返すことが出来るのでしょうか。
(とりあえず幽霊ネタで一矢)

[2009年03月04日-テレビ東京]

■時間は進む、将来を考える。「とらドラ!」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

とらドラ! 第21話

沖縄のはずがホテル火災により雪山へ変更された修学旅行。
・・・卒業式の時には斉唱してください。

おお怖い怖い。
何が怖いって、恋愛マジモードになった女子ほど怖いものはないです。
男子はすべからく鈍感者がおおいのです。
それは自覚してるのです。
それを面と向かって「超鈍感!」とか言われると・・・傷つきますよ
女子同士の間でも探りあい、罵りあい、ど突きあい
怖いなぁ怖いなぁ~(稲川風)。

思いもかけず大河の本音を聞いてしまった竜児はこの後どうする?

[2009年02月25日-テレビ東京]

■捜索隊、役立たず。「とらドラ!」はこちら

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

苺ましまろ 第6巻

この第6巻を一言であらわすなら『つっこみ』です。

苺ましまろといえば『かわいいは正義』が有名ですが、
お笑いに関しても超一級品であることが確認されました。
なかでも千佳の役回りであるつっこみは
類稀なる才能としか言いようがなく、
美羽の絨毯爆撃のごとく無差別なボケ、伸恵のわがままっぷり、
茉莉の天然ドジ被災を一手に引き受ける手腕は見事の一言

更に今回は『つっこまない』スキルを発揮!
美羽に大打撃!!
それにしても、マンガの中でこういう”お笑い”を実現できるのは、
作者のウデも相当なモノということではないでしょうか。

『おもしろいは正義』です。


苺ましまろ 6 (6) (電撃コミックス)
ばらスィー
アスキー・メディアワークス

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。