スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ! 第14話

文化祭が明けるとなぜか大河
『しあわせの手乗りタイガー』の異名が。
プロレス興行で大河に触った(殴られた)人たちが
次々と”しあわせ”になったのだとか。
ただのウワサ、都市伝説ですけどね。

大河自身は文化祭で北村とイイカンジになったので
結構しあわせそうです。

みのりん亜美の別荘に行ったときから
やはり竜児を少し意識しているようです。
竜児と二人で手をつないでゴールした写真を買っています。
恋心とは縁遠いと感じていたときに比べると大きな変化です。

亜美はモデルの仕事をしていることもあり、
同い年の仲間と比べると「自分は大人だ」と考えています。
しかし竜児に「(お菓子ばかり食べて)本当、子供だよな」と言われます。
自分自身の評価と違うことを人から言われたときの反応は2種類あって、
腹を立てるか好意を持つか。
川嶋亜美
亜美は・・・後者かな?
これまでただの友人として、なんとなく興味があるくらいだったのが
ちょっと本気モードになるかもですね。

[2009年01月07日-テレビ東京]

■意外に亜美がかわいく見えてきた。「とらドラ!」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

ケメコデラックス! 5巻

アニメが放送されていたので漫画としては久しぶりな気がして、
いや、本当につながりが分からなくなってしまって
1巻から読み返してしまいました。

意外とアニメが原作通りに進めていたことに気がつきました。
アニメは結構めちゃくちゃな展開に見えたのですが、
元々めちゃくちゃだったのですね。

この5巻での見所は女性キャラが輝いていること
三平太に急接近するユキナはその正体が明らかに。
ゴスロリで大暴れするリョーコ
早川さんの”裏の顔”と久しぶりに登場したミウラさんの関係。
そしてイズミエムエム、実は子供の頃に出会っていました。
まだまだ謎が残っていますが、
なんとなく収束方向へ向かっている気がします。

作者のいわさきまさかずって、
こんな萌え漫画が描けるんだって改めて関心しちゃいました。
「萌え」「エロ」「笑い」があれば無敵ですね。


ケメコデラックス! 5 (5) (電撃コミックス)
いわさき まさかず
メディアワークス

テーマ : ケメコデラックス!
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。