スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッディ・マンデイ 第11話

本当のブラッディマンデイは
中性子爆弾による東京壊滅のことだったのです。
建物は破壊せず人命だけを奪う大量殺人兵器。
ロシアでのビデオに写っていたのはウィルスによる殺戮ではなく
中性子爆弾によるものでした。

安斎はなぜこのようなテロを起こそうとしたのでしょうか。
思想の発端は父である導師にマインドコントロールされていたのかも
知れません。
マヤの入れ知恵やのカリスマ、ひょっとしたら不安定な社会情勢や
自分の周りで起こる理不尽は出来事が積み重なり、
もう後戻りできない状態になってしまったのかも。

様々な犠牲の果てに東京壊滅は免れましたが、爆弾はの手に。
マヤも国外へ逃亡し、手の甲に蝶の刺青がある人間が暗躍しています。

ブラッディX、中性子爆弾の脅威はひとまず去りましたが、
それはごく一部の脅威でしかなく、すっきりと終った感じは全然しません。

藤丸にはひとまずの休息を・・・。

[2008年12月20日-TBS]

■続編とか映画化とか、狙ってる?「ブラッディマンデイ」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : ブラッディ・マンデイ
ジャンル : テレビ・ラジオ

のだめカンタービレ~巴里編 第11話

とりあえず、今回やるべきことはやりきったという感じですね。

千秋のパリでの活躍、のだめの成長、
彼らに影響されるターニャ黒木君
まだまだ始まったばかりの巴里編です。

この場所を本拠地とした活躍や困難はこれから数限りなく
訪れるでしょうが、それはまた次の機会に。

のだめの成長も良く出ていましたが、
やはり今回の主軸は千秋だったと思います。
子供の頃生活していた環境とはいえ、
音楽の仕事をするとなるとやたらハードルが高い街のようです。
そこでなんとかオーケストラを任されて最初の成功へと導くまでの
サクセスストーリーだったようです。

次はのだめがパリで、世界で活躍する姿が中心に
描かれるのではないでしょうか。
のだめ続編予告
楽しみです。

[2008年12月18日-フジテレビ]

■しばしのお別れ。「のだめカンタービレ~巴里編」はこちら

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

かんなぎ 第11話

ナギの存在に疑問を持ち始めたはいろいろ質問攻めをします。
けがれとは何なのか。
どうしてけがれは虫の形をしているのか。
何のためにナギはけがれを払っているのか。
こういった質問をするとき、必ずナギは機嫌を損ねます。
ナギ
詮索するな、と。

それは自分自身がそもそも分かっていないからなのでした。
ナギは自分が何者なのか、がその軌跡を辿る前に
あらかた調べていたのでした。
それでも分からない。

土地神である(もしくは思い込んでいる)ナギは、
その土地に住む人々が健やかに育ってくれれば
それで幸せだと感じているのです。
しかし自分の存在に自身が持てなくなったナギ
愛用のステッキを置いて去ってしまうのでした。

[2008年12月17日-千葉テレビ]

■ハーレムをハーレムと感じない男なんてっ!「かんなぎ」はこちら

テーマ : かんなぎ
ジャンル : アニメ・コミック

とらドラ! 第12話

本当に亜美は変りましたね。
もうみんなの前でぶりっ子(表現が古い)することもなくなったし。
だからといって憎まれ口を叩くのは大河に対してだけで、
自然なままの亜美で居る気がします。

特に竜児に対しては
大河のようにくっつかない。みのりんのような太陽にならない。
竜児の歩く道の少し先を行く」と、恋ではないような表現をしています。
竜児&亜美
本音で話し合える親友、いや心友として接している気がします。
亜美としてはすべてはそこからなのでしょう。

大河の父親のことでみのりんと初めてケンカしてしまった竜児に、
亜美は助け舟を出すのか、それともそのままかっさらうのか

[2008年12月17日-テレビ東京]

■男の視点、女の視点。違うんでしょうね。「とらドラ!」はこちら

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

enjoy!ネットぴーぷる 3巻

ネットゲームにはまる女子大生が主人公の4コマの3巻です。

ネットゲームが題材なのでほとんどがゲーム内のストーリーですが、
1巻よりはリアルのストーリーが多くなっている気がします。
登場人物が増えてきたので、
その背景を語る上ではリアルを外すことができないのでしょう。

この巻一押しのキャラはマサムネ君
不運の積み重ねでPK(プレイヤーキラー)となってしまい
誰とも仲良くなれずに孤独にプレイする人です。
でも主人公のミカは気さくに話しかけたりするために
数少ない(唯一?)の友人となり、次第に淡い恋心になっていくのです。

と思ったのも束の間、ミカが男キャラを作ったのをきっかけに
自分も女性キャラをつくり、そのままネカマ(ゲーム内で性別を偽ること)
として立派に歩んでいこうとしています。
しかしこの女性キャラが良い
きっとこのまま定着するんじゃないでしょうか。
男マサムネ君、さようなら。


テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

魍魎の匣 第11話

榎木津礼二郎
榎木津京極堂の会話が良く分からないので、
またしても置いてきぼり状態です。

木場は戦時中に不死の研究をしていたという美馬坂が黒幕とにらんで、
銃を手に踏み込んでいきました。
最初は偶然出くわした事件に過ぎなかったのが、
あこがれの女優も関係すると次第にのめりこんでいき、
「これは俺のヤマだ」と言い切るまでになっていました。

この行動は行方不明の加菜子のため?
殺された頼子のため?
悲しみに暮れる陽子のため?

ここで引き金を引いてしまうと、木場も魍魎に取り憑かれかねません・・・。

[2008年12月16日-日本テレビ]

■戦争も冷めやらぬ時代のお話。「魍魎の匣」はこちら

テーマ : 魍魎の匣
ジャンル : アニメ・コミック

チーム・バチスタの栄光 第10話

ケース27の術中死の原因は桐生の目が見えなくなったことに
ありました。脳に腫瘍ができ、
視神経を圧迫したために視界が狭まってしまうようです。
そして天才心臓外科医桐生はオペを禁じられ、
予定されていたバチスタ手術は垣谷が行うことになりました。

これですべてが明らかになった・・・、
いやまだ謎になっていることがあります。
ケース13とケース27のラベルを張り替えたのは?
怪文書を送ったのは?

もう最終回しかないというのに、また犯人探しをしなくてはなりません。

[2008年12月16日-フジテレビ]

■10年前のサザンクロス病院にすべての発端がある。
 「チーム・バチスタの栄光」はこちら

テーマ : チーム・バチスタの栄光
ジャンル : テレビ・ラジオ

ケメコデラックス! 第11話

約束の10日目。
三平太ケメコに何も告げることなくミシマへ向かいます。
エムエムのこと、本当のことを知るために。
ヴァニラ
おしえて!ヴァニラ先生

明らかになったのは、エムエムは初代ミシマ電機社長の娘であること。
そして、未完成ながらも無から超エネルギーを発生させる発明
奪って逃げたこと。

何故そんなことを?

理由はまだ明かされませんが、エムエムの頭についている
ポンポンのようなものが昔は付いていなかったこと、
宇宙人が介入していることも関係あるのでしょうか。

[2008年12月15日-千葉テレビ]

■ヴァニラ先生、そそります。「ケメコデラックス!」はこちら

テーマ : ケメコデラックス!
ジャンル : アニメ・コミック

まかでみ・WAっしょい! 第11話

急にシリアスな展開になって着いていけなくなりそうでした。

神魔を生み出す拓人の聖母の力を封じるため、
過去を書き換えてしまおうというむちゃくちゃな計画してました。
うん。なんか暴走した拓人が暴走した鉄男君みたいなヤツ
たくさん生み出そうとしてたので封印は正解じゃないですか?
でもそれで鈴穂が死んでしまうかもというのは良くないですが。

拓人を救うためにアガリンガブヤンと対峙する佐久間が、
実はものすごい人物(?)だったことが判明しました。
佐久間榮太郎
サマエルっていう悪魔らしいのですが、
やはり人間離れした力だったのですね。
それでもきっとハプシエルは苦手なんでしょうけど。

[2008年12月14日-千葉テレビ] 

■後半、非公認ドラえもんを見ている感覚でした。
 「まかでみ・WAっしょい!」はこちら

テーマ : まかでみ・WAっしょい!
ジャンル : アニメ・コミック

喰霊-零- 第11話

まさに最強というほかない黄泉&乱紅蓮(らんぐれん)。

対策室メンバーも良くがんばっています。
特に室長
ものすっごく濃い過去があって足が不自由になったみたいですが、
車椅子含めて兵器の塊みたいになってます。
しかし、黄泉がほぼ不死身の時点で圧倒的に劣っています。

もう、惜しげもなく殺っちゃうんだから、スタッフ~

対抗するにはやはり若さあふれる神楽が白叡(びゃくえい)を
使うしかないのでしょう。
霊獣対決では白叡に分がありますが、
使役する者の熟練度では黄泉に分があります。
神楽が剣術で黄泉を上回ることができれば勝機が出てくるのですが・・・。

マイケル小原
ってこのタイミングでマイケル師匠か!

[2008年12月14日-千葉テレビ]

■オミヤゲモッテキマシター。「喰霊-零-」はこちら

テーマ : 喰霊-零-
ジャンル : アニメ・コミック

ガンダム00-2nd 第11話

いよいよその真価が発揮されるダブルオーガンダム。
ダブルオーライザー

パワーアップユニットであるオーライザーをお届けにあがったサジ
そのまま戦闘に巻き込まれて、トランザムモードのガンダムに
相乗りすることになってしまいました。
いやぁ、素人にはムリでしょ。
どんだけのGがあるんでしょうか。・・・UNDAMだけに。

戦況をひっくり返すだけのポテンシャルがあるといっても、
今は単機なので長続きはしないでしょう。
他のガンダムにもパワーアップアイテムがあるらしいですが。

[2008年12月14日-TBS]

■そういや、ニュータイプ=イノベイターなのかな?「ガンダム00」はこちら

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

CLANNAD -AFTER STORY- 第12話

サブタイトルは『突然の出来事』。
まさに、突然もっと給料の良い職場への転職のチャンスがめぐり、
突然父親の不祥事のせいでそのチャンスがなくなってしまいました。
そして突然、朋也にプロポーズするのです。
渚&朋也

朋也にとってはいまだに父親がタブーの存在でした。
なるべく会わないように考えないようにしていたのですが、
このような最悪の展開で会わなければならなくなりました。
あまりの憤りに、父親とのいさかいで痛めた右腕(肩)に
恨みを込めるかのように、強く、壁に打ち付けます。
が止めに入らなければ本当に取り返しがつかないほどの
怪我をしていたかもしれません。

朋也のプロポーズは、今の自分はどうしようもなく弱くなっているから
ずっとそばに居て欲しいという気持ちと、
父親や周囲と向き合っていくためにもっと大人になることの証として、
このようなタイミングで出たのではないでしょうか。

[2008年12月18日-TBS]

■年齢は十分大人でも、まだ学生の渚が即答YES。気持ちが強いです。
 「CLANNAD -AFTER STORY-」はこちら

テーマ : CLANNAD -AFTER STORY-
ジャンル : アニメ・コミック

ハルコビヨリ 4巻(最終巻)

とうとう終了してしまいました。
ハルコヤスシダラダラ同棲生活マンガ「ハルコビヨリ」。

とにかくハルコの天真爛漫ぶりに終始したマンガでした。
漢らしいというかオッサンくさいというか、
すくなくともこういう女性に対しては男が緊張することはないんでしょうね。
それでもたまにはスカートはいて化粧することもあります。
まぁそういうときは下心があるだけなんですけど。
いや、遊び心か?

ヤスシに片思いする横田さんが(連載単位の)毎回登場するのですが、
(ハルコに)まったく相手にされていません。
横田さんが控えめなのか、ハルコが図太いのか。

結婚という結末を迎えながらも、やってることはいつもと変らない
ハルコヤスシです。
それは一つの選択肢であって、
ハルコの性格上ずっと同棲のままもありえた気がします。
この先にあるであろう、二人の子育てもちょっと見てみたかったですね。


テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

天体戦士サンレッド 第12話

細かい話が盛りだくさんの12話でした。

今回もヴァンプ将軍の魅力たっぷり。
たまたま同席した合コンで女の子たちのハートをゲット
主催の怪人ギョウがかわいそう過ぎますが、
ヴァンプ将軍が相手では魅力でも上下関係でもかないません。
ヴァンプ将軍自身もまんざらではなさそうでしたね。

■漢ヘンゲル将軍、爆進中!「天体戦士サンレッド」はこちら

テーマ : 天体戦士サンレッド
ジャンル : アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 第11話

シスターズ
軍用クローンですか・・・。
何故美琴なのでしょう?
美琴は第3位なので1位と2位が居るはず。
その人たちのクローンも存在するのでしょうか。
何故制服なのでしょう?
街中を歩き回るためのカモフラージュ?
ゴーグルの時点でNGな気が。
何故ゴーグル(電磁波が見えない)のでしょう?
その能力を複製することができない理由があるのでしょうか。

感情を持ち、痛みを感じる存在は人間ではないとはいえ、
無下に命を奪っていいはずがありません。
何とかしてよ、当麻

[2008年12月13日-千葉テレビ]

■これはこれでハーレム。「とある魔術の禁書目録」はこちら

テーマ : とある魔術の禁書目録
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。