スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 11話

夏目とケンカして家を飛び出したニャンコ先生
ほぼ全面的にニャンコ先生が悪い)。
森の妖怪や夏目の友人に八つ当たりして、戻ってやるもんか!
と意地を張っています(ただひたすらにタチが悪い)。

人間を相手にするときは女子高生ニャンコ先生になります。
久しぶりに見れました。
ニャンコ先生は人間に化けるときはこの姿にしかなれないのでしょうか?
ニャンコ先生の性別は関係なく、やはりレイコとなんらかの
関係があったから、その姿を真似た女子高生になっているのでしょうか。

でも意外と夏目もひどい人です。
「女子の友達は居ない」ですって、笹田さん
すっかり追う人になってしまいましたが、
相手はかなりの朴念仁ですからね。

[2008年09月16日-テレビ東京]

■大食い+酒乱+音痴+加齢臭=ニャンコ先生。「夏目友人帳」はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 夏目友人帳
ジャンル : アニメ・コミック

コードギアスR2 23話

生きていたナナリーフレイアに巻き込まれたのは
ダミーの脱出艇だった!ってありきたりすぎ

内心めっちゃ動揺していたルルーシュですが、
それを相手に悟らせずナナリーをも敵とみなすと言ってのけます。
世界を二分して戦争を始めた今、
ナナリーだけを特別扱いにはできないのです。
かつての敵が味方に、味方が敵に入り乱れての戦闘が始まりました。

やはりパワーバランスを崩すのは大量破壊兵器フレイアです。
これがシュナイゼルの手にある限り、ルルーシュは今一歩勝利に
手が届きません。
しかもそのフレイア発射装置をナナリーが握ることになりました。
戦うことも守ることもできないから、せめてその罪だけでも背負いたい。
なかなか言えませんよ。
ルルーシュから突き放されるような言葉をかけられ、
ものすごい傷心にあった状態で。

シュナイゼルルルーシュ、どちらの仮面が最後まで残るのか!?
・・・つまり、どちらがより面の皮が厚いかって勝負

[2008年09月14日-TBSテレビ]

■扇さん、やることやってるね。
 「コードギアス反逆のルルーシュR2」はこちら

テーマ : コードギアス 反逆のルルージュR2
ジャンル : アニメ・コミック

狂乱家族日記 23話

その名は強欲王!
誰が名づけたのか?自分で名乗ったのか?何か由来があるのか?
その強大な力は日常生活を送るだけで惑星を破壊する、
生まれながらにしてすべての終末を握る破壊神と言えるでしょう。

前回のオアシスと同じように、強欲王をしに地球へやってきました。
それは千年前からの想い人月香です。
月香はどこかの水の惑星の神でしたが独りの寂しい生活を
送っていました。

そこへ現れたのが強欲王
「君が欲しい」
なんてダイレクト。さすがは

宇宙人、神、水の民、そしてのお話はまだまだ続くようです。

[2008年09月14日-TVKテレビ]

■月香をひと目で分かる狂乱家族はさすが。「狂乱家族日記」はこちら

テーマ : 狂乱家族日記
ジャンル : アニメ・コミック

薬師寺涼子の怪奇事件簿 11話

モナミちゃん モナミちゃん モナミちゃんが持ってる
赤いキャンディ 青いキャンディ 知ってるかい?


一気に大人(とは言っても10代?)になったモナミ
お色気ムンムン泉田に迫ります。
ヒナが始めて目にした動くものを親と認識するようなものか、
姿だけでなく中身も涼子に似てきたためか。

石動瑠璃子の目的は何なのか?
まさか若さを保つ秘術目的では国の組織を動かすことは
できないでしょうから、何かしらの軍事利用できるものを
開発することでしょうか。
巨大ヘビ?ムカデロボ?もっと他の目的があるように思えます。

[2008年09月14日-TVKテレビ]

■台所に立つ室町軽視が・・・ってもういいか。
 「薬師寺涼子の怪奇事件簿」はこちら

テーマ : 薬師寺涼子の怪奇事件簿
ジャンル : アニメ・コミック

漫画ナツ100 結果出たそうです

酔拳の王 だんげの方 さん主催の『漫画ナツ100 2008』の
結果が出ていました。

■まずは、100~300位の結果です。
■次に、作家(漫画家)順1~200位の結果です。
■そして、1~99位の結果です。

いや~、そうなりましたか。

短い巻数で完結している漫画は(全部集めようと)構えずに読めるので、
あまり漫画になじみのない人でもとっつきやすいジャンル(?)かと
考えていましたが、長編モノよりもクセのありそうなタイトルがずらっと
並びましたね。いわゆるメジャーではない漫画が多いと思います。

でも、だからこそ私たち漫画好き人間はニヤリングです。
「私は分かるよ」って心の中で思っています。
同時に「なんで誰も読んでないの!」とも思っています。
そんなもんです。

とにかく、投稿した他の方々、そしてなにより、
こんな途方もない企画を立てて見事に成し遂げた
酔拳の王 だんげの方 さん、本当にお疲れ様でした。
また来年になるのでしょうか、よろしくお願いします。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

R.O.D THE TV 25話

ちょっと異様なモノも存在しますが、
ロンドンはジェントルマンの力によって過去の時代を映しているようです。
その目的とか効果とかは分かりませんでしたが、
ジェントルマンが現役だった頃も同じように力を使って
世界を操っていた可能性があります。

大英図書館に潜入するためのルートとして
『この瞬間に存在し得ないもの』がヒントになると考え、
本を総ざらいで探し、まだ存在するはずのない『地下鉄の駅』
たどり着きました。

が、展開がちょっと強引な気がしました。
前提で”今がいつなのか”は、本の記録と照らし合わせて
町の風景や構築物などの変遷から推測していますが、
そもそも時間が(早いか遅いかは別にして)一定で進んでいるとは
限らないため、ある特定の対象だけで時代までは
推測できない
と思います。
結果オーライですか。

1800年代ファッションはみんな良く似合ってましたね。
読子ミシェール淑女スタイルよりも、
胸元が大きく開いたドレスのほうが見たかった。見たかった・・・。

[2008年09月13日-MXテレビ]

■大英図書館に潜入した後は読子だけいつもの格好でしたね。
 ていうか元々大英図書館での仕事着でしたっけ。
 「R.O.D THE TV」はこちら

テーマ : R.O.D -THE TV-
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。