スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱家族日記 13話

『傾国のテロリスト』平塚雷蝶の登場です。
そういえば以前(8話の遊園地)にもちょろっと出てましたね。

まぁそれは次回に置いといて。

千花が通う学校(行ってたんだ)で理由不明の欠席者が続出し、
その原因を追究していくと超常現象対策局の
なごやか家族作戦反対派の影が見えてきて・・・。

千花は女子高(五重必殺学園ってすごい名前)に通っているらしく、
転入当初に番長のモモさん(桃草)に勝ったことで
モモさん・シズちゃん(罪木)・ヒーちゃん(山口)の3女子から
番長とかお姉さまとか呼ばれてます。

登場してないですがヒーちゃんの親友マリっち
「もしも地面がおいしかったら食べちゃうだろうってことで大地喰らい
と呼ばれているそうです。どんな娘なんだ!気になる!

今回の話の中で、千花が自分だけ他の家族と違い、
閻禍のDNAを持っていないことで何か遠慮をしている心情が見られます。
凶華はそれを見抜いた上で、「狂乱家族の一員だ。凶華さまの娘だ」と
母親として立派に千花を抱きしめます。

作戦として家族になった乱崎家ですが、本当の家族はDNAでなく、
心でつながるものだと伝えてくれていると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 狂乱家族日記
ジャンル : アニメ・コミック

薬師寺涼子の怪奇事件簿 1話

新しいアニメやドラマを観始めるとき、
番組紹介記事やホームページなどを参考にしてピックアップし、
(観続けるか)ビミョーなものについては第1話で決める、
ということをしています。

実はこの「薬師寺涼子の怪奇事件簿」はビミョーな部類に入ってました。
が、第1話を観て、なかなか面白そうなので観続けようと思っています。

先ずは主題曲などの音楽。
angela(大好き!)のKATSUさんがサウンドプロデューサーとして
参加しており、作曲の倖山リオさんのセンスとも相乗して
非常にカッコイイ音になっていると思います。

ちょっとコミカルな演出も良いです。
涼子の仕事室の壁にかかっている標語(?)は「勝てば官軍」。
涼子の性格を示しているのでしょうか。
ゲストの田中芳樹さん(スタッフロールに名前がありませんでしたが、
本人でしょうか?)がファンに贈るサイン色紙に書いてあった好きな言葉が
〆切り延びた!」。リアルですね。

キャラクターはまだ出揃っていませんが、
涼子のライバル室町由紀子が好きですね。
実直で駆け引きに弱そうなところ、
何より、メガネでポニーテールがイイ!実にイイ!

これからの展開とキャラクターが気になるので、観るのが楽しみです。

テーマ : 薬師寺涼子の怪奇事件簿
ジャンル : アニメ・コミック

R.O.D THE TV 15話

満を持して登場しました、
ザ・ペーパーこと読子・リードマン

年齢は30歳(代?)ということらしいですが、
無精な身なり、童顔、そしてあの声。
若いというよりは幼いといった感じです。
あの巨乳を除いて。

国立国会図書館に大英図書館から
一緒に逃げてきたナンシーとかくまわれています。
というか、住んでいます。

秘密基地みたいな保管庫の奥に、コントのセットのような座敷。
布団、ちゃぶ台、お茶、本。
読子が生活するのに必要なものはすべて揃っていますが、

ねねね「掃除くらいすれ!」

そのとおりだと思います。

THE TVの主人公はねねね3姉妹ですが、
しばらく読子ナンシー大英図書館を中心とした物語になりそうですね。

テーマ : R.O.D -THE TV-
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメと記事リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。